結婚とは受け入れること

結婚とは受け入れること

相手の存在を受け入れる

 

「結婚できる自分にならなくては」

 

結婚するためには、結婚できる自分にならなくては。結婚すると決めたと同時に、こう思いました。果たして、いまの自分は他人と暮らせるだろうか。こんなマイペースで生活しているようでは結婚できる自分ではない。そのことに、焦りを感じなくもありませんでした。

 

結婚するということは、ほとんどの場合同じ家に住む、ということ。十年間、ひとり暮らしをしている私にとって、同じ家に他人と住む、という状況は想像しにくいものでした。

 

誰かと一緒に住める自分に必要なのは、「受け入れる」ということなのでした。

 

自分の思う通りの暮らしから、ふたりの暮らしになる。たとえば、靴下が落ちていることがあるかもしれない。生活時間かすれ違うかもしれない。お金についての考え方が違うかもしれない。インテリアの好みがまったく違うかもしれない。食の好みの違い。行事などの習慣の違い……。

 

そんな現実の違いから、お互いの感性、感覚の違いを受け入れていく。受け入れ合いながら、夫婦、その家族のスタイルができてくるのです。

 

最近になって私は、このポイントが、実は結婚の醍醐味のひとつではないかなと思うようになりました。

 

私が「結婚できる自分にならなくては」と思ったのは、私の生活の特殊性がありました。ひとりの時間をどうしても必要としてしまっていたのです。1人の時間を思うままにやってきたので、その空間に誰かがいては困るわけです。

 

受け入れられる自分になる。結婚できる自分になるとは、家に誰がいても、ひとりの時間が少なくなっても気にしないメンタルを作ることでした。

 

では、どうやって他人を受け入れられる自分を作ったか。特に何をしたということはありません。結婚した当時、ふたりで暮らすとはこういうことか……と、毎日新しい発見を楽しむようにしてみました。

 

ただ、「受け入れる」ということを強く意識したのです。意識をすることは、とても大切です。今の自分を分析して、今の自分を感じること。そして自分に必要なことをしていくことです。

 

このあたりまえ過ぎて見落としてしまうことを丁寧にしていくことが、自分を結婚できる自分へと整えていくことになるのです。

 

自分の身体の状態を知っておく

 

もうひとつ、結婚できるようになるために大切なことがあります。それは、自分の身体の状態を知ることです。

 

結婚をすれば、自分ひとりの身体ではなくなります。子どもを生むことになるかもしれません(控えめな表現をしましたが、私は多くの女性たちが子どもを生むという選択をしてほしいと願っています)。

 

二十代、三十代になっても、よほどのことがない限り婦人科の検診はなかなか受けないと思います。でも自分の心を見つめるように、自分の身体のことも知っておくことが大事だと思います。

 

そして、不調があれば治療する。これは結婚云々に関わらず、とても大切なことです。

 

結婚しようと決めてからしばらく経った頃、ひどい風邪を引きました。近くのクリニックで診てもらってから、ちょっと気になっていることを先生に聞いてみたのです。下腹にこりっと固いものがあるのです。大腸の検査をしたのですが、固さの原因はわかりませんでした。

 

先生にエコー検査をしてもらったところ、子宮筋腫の可能性が出てきたのです。大学病院で詳しく検査をすると、結構大きな子宮筋腫ができていました。まさか自分が婦人科系の病気になるとは、考えたこともありませんでした。

 

この大きさだと、妊娠するのはかなり難しくなります。妊娠しても、それを継続させることも難しいでしょうと医師から言われました。

 

特に何の症状も出ていなかったので、このまま経過観察するか、手術をするか。早急に決めなくてもいいことなので、そのまましばらく様子を見ていました。

 

幸いなことにそんな頃に出会いがあり、結婚が決まったのです。

 

女性であることを喜び、大切にすること。子宮筋腫は、まさにストレスの塊でした。

 

そんな経緯があるからこそ、心と同じように身体のケアも大切であると声を大にして言いたいのです。

 

 

「」につづく >>

 

 

 

 

 

婚活はここから始めよう!